簡素化されてきた葬儀マナー|故人への追悼の気持ちが大切

女の人
箱を持つ人

思い出を整理する

亡くなった人が使っていた品物をいつまでも片付けずにいると、遺族はなかなか心を切り替えることができません。また、亡くなった人の供養にもなりませんので、できるだけ早く遺品整理を行うのが望ましいです。大阪には、遺族に代わって遺品整理をしてくれる専門の遺品整理業者が数多く存在しています。

故人に対する気持ちを出す

お葬式

故人を追悼する

人が亡くなった場合に行われる葬儀には、一般的にお通夜とお葬式があります。これらを合わせて葬儀と言われることが多く、参列する場合には、お通夜かお葬式のどちらかに参加するか両方に参加することになります。故人との関係性が薄い場合には、どちらか一方に出席すれば十分ですし、仕事がある場合には、日中に行われることが多いお葬式に参加することは困難です。そのため、仕事でお葬式に出られない人は、前日のお通夜に参加することになります。もちろん、故人との関係性が濃い人であれば、お通夜にもお葬式にも参加する必要があります。例えば、個人の兄弟や子供はもちろんのこと、近くに住む親族などは葬儀全般に出席する必要があります。

マナーにこだわらない

葬儀に出席する場合には、様々なマナーがありますので注意しなければなりません。特にお葬式の場合の服装には注意が必要です。お通夜のときは、バタバタと参加することが多いですので、男性であればスーツなら問題ありません。必要最低限のマナーさえ守っていれば構いません。最近では、葬儀に関するマナーが簡略化される傾向にありますので、お葬式においてもマナーをうるさく言わない傾向もあります。家族葬が増えてきたために、うちうちだけの形式にこだわらない葬儀が増えていることもその原因の一つです。お通夜にしてもお葬式にしても、個人に対する追悼の気持ちを表すことが目的ですから、形式を重んじるよりも気持ちを素直に出すことが重要視されます。また、親族が亡くなったので葬式を挙げたいと考えている方は、葬儀屋に相談することが大切です。葬儀準備を自分たちだけで行うのは困難であり、特に初めて葬式を取り仕切る立場になった方は、やるべきことの多さに目を回してしまうかもしれません。葬儀屋はそのような方々に対して適切なアドバイスをしてくれるので、忙しくてもきちんとした葬式を執り行うことができるでしょう。

メンズ

家族だけで弔う

最近の家族のあり方は様々ですので、葬儀の方法も様々です。家族だけで葬儀を行う家族葬を選ぶ人も少なくありません。費用面では必ずしも家族葬の方が安いとは言えませんので、規模を調整することが大切です。自分一人で悩まずに葬儀屋に相談しておくと、スムーズに葬式が行えるでしょう。

老人

供養を行う場所

仏壇は家の中に設置された仏教の礼拝施設であり、亡くなった家族や先祖の位牌を安置する場所でもあります。仏壇は四十九日の法要までに用意し、位牌には魂を入れる開眼法要をします。位牌を安置したら毎日お参りして供養をします。