家族だけで弔う|簡素化されてきた葬儀マナー|故人への追悼の気持ちが大切

簡素化されてきた葬儀マナー|故人への追悼の気持ちが大切

葬儀

家族だけで弔う

メンズ

家族の形が変わりました

最近の家族は親族が少なくなり、家族だけで葬儀を行うことも少なくありません。そのような形態を家族葬と言いますが、近年、家族葬を行うケースが増えており、専用の葬斎場もできています。家族葬を行いたいと希望する理由は様々です。友達や身内も少なく来訪者がほとんどいないという理由が多いですが、亡くなったことを周囲に知られたくないために家族だけで葬儀を行いたいという人もいます。自殺や事故死などの場合には、あまり人に知られたくないため、家族葬をする人が多いです。そのような家族のニーズにこたえる方法として家族葬がありますが、家族で行う葬儀と言っても様々なパターンがありますので、決まったものがあるわけではありません。

小さな葬儀をする理由

家族葬の中には、完全に家族だけで行うケースもあります。親や子供だけで葬儀を行い、身内も近所も呼ばないケースです。極端な場合には、病院から直接火葬場に運び入れ、その場で葬儀を行ってしまう直葬という方法もあります。また、お通夜までは親族や近所を呼んで行い、葬儀当日は身内だけで行う場合もあります。残された遺族によって考え方はそれぞれですから、葬儀屋と相談して、自分たちにあった方法を選ぶことが一番なのです。費用的にはできるだけ葬儀の規模を小さくする方が安く抑えることができますが、大規模な葬儀を行っても香典で賄えてしまうという場合もありますので、費用面だけの問題であれば、全体の収支を考えて決める必要があります。