供養を行う場所|簡素化されてきた葬儀マナー|故人への追悼の気持ちが大切

簡素化されてきた葬儀マナー|故人への追悼の気持ちが大切

葬儀

供養を行う場所

老人

意味とその種類

仏壇とは家の中に設置された仏教の礼拝施設です。その形は各宗派の本山を模しており、先祖や亡くなった家族の位牌を安置する場所になっています。家に仏壇が無い場合は家族が亡くなって葬儀を行った後、四十九日の法要を行うまでに仏壇を用意します。購入の際には香炉や花立といった仏具なども合わせて購入します。種類は大きく分けて3種類あります。黒檀や紫檀などの木目の美しい木を使った唐木仏壇、内部に金箔を使った豪華な金仏壇、マンションのフローリングなどの洋間に合う家具調仏壇です。また、形式は上置き型と呼ばれるサイドボードやタンスの上や押し入れの上段などに置くタイプと、床置き型という仏間や床の間に直接置くタイプがあります。

お参りをするまで

仏壇を購入したら開眼法要を行って本尊や位牌に魂を入れてもらいます。この儀式を行うことで仏になることが出来ます。最近では四十九日の法要の際に一緒に魂入れを行うことが多いのでその場合は本尊と位牌を持参します。仏壇や位牌を買い替えることがあったらその際にもまた開眼法要を行います。古い仏壇は仏具店などに引き取ってもらい、供養をして処分してもらいます。位牌は四十九日までは仮の白木の位牌を使いますが、それを過ぎたら本位牌を準備しなければなりません。仏壇に位牌を安置したら毎日お参りして供養します。お参りの為に供えるものは、お花やロウソクやお香、お水やお茶やごはんなどです。また、命日やお彼岸やお盆などの特別な日には精進料理を供えます。